読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文学少女だったお母ちゃんの懐本ブログ

ハマった小説、漫画、ゲームについて楽しく語りたいと思います♪

7冊目 【フルーツバスケット】

f:id:mkmkun:20160819164124j:plain


フルーツバスケットなのにオニギリとは、コレ如何に!?って思った方も居ますでしょうか(笑)


今回は白泉社花とゆめコミックス高屋奈月先生の【フルーツバスケット22巻完結】です。


この漫画は個人ランキングtop10には確実に入る作品で(数作品を同順1位として認めて貰えるなら、もちろん1位です!)、未読の方には力いっぱいオススメしたい作品でもあります(*'▽'*)!


かくいう私も、昔読んでた雑誌の人気漫画ランキングで1位だったことをキッカケに読むようになったのですよ~
この作品に出会えて本当に良かったと思っています♪


ジャンルとしてはファンタジー物ですね!
両親を亡くし、健気に頑張る女子高生『本田透』と、十二支の呪いに苦しむ草摩家の14人との、涙あり笑いありの心暖まる物語です。


少女漫画雑誌は花とゆめ派だったもので(昔はガラスの仮面読みたくて継続購入)、この作品はわりと初期からリアルタイムで読んでいました。
『透くん』と恋仲になるのは『草摩由希』と『草摩夾』のどちらなのか、ヤキモキしましたね~(@@;)


当時から『由希くん派』と『夾くん派』があって、私は『夾くん派』だったのですが、主人公の『透くん』は恋の目覚めがゆっくりで(そこも透くんの魅力なのですよ♡)、後半に入り『夾くん』への恋心を自覚した時はホッとしたなぁ(笑)


と、いかにも恋愛ものみたいなことを先に書いてしまいましたが、恋愛ものとして見られるのは不本意だったり(^^;;


この漫画の大事な部分は、『透くん』との出会いによって、呪いに苦しむ登場人物達が癒され、救われていく過程だと思っています。


そして、過去同じように救われた『透くん』の親友の『花ちゃん』『うおちゃん』との無敵の友情。


見る人によっては説教くさい印象もあるかもしれませんが、『透くん』の言葉ひとつひとつが凄く良い。泣きポイント満載です(笑)


ところどころギャグっぽいところもあり、シリアスばかりじゃないところもこの作品の魅力ですかね♪


もし、今までに読んだ漫画の登場人物全てに順位をつけるとしたら、『透くん』は不動の1位!
それくらい大好きな女の子です(*^-^*)


内容紹介としてはだいぶ端折ってしまいましたが、好きなシーンが多すぎて書ききれません(笑)


それに、作中でどんな素敵な言葉があったとしても、ここに書いてしまったら安っぽくなってしまいそうで‥


立ち読みでもいいんです(o^-')b(お店的には問題ですかね(^^;;)
ぜひ自分の目で、心で、この作品と触れ合って頂けたらと思います。


あ、そうそう!
この作品は少女漫画ですが、弟も旦那も読んでました♪
なので男性も楽しめるかもしれませんよ(^O^)v


今回の【フルーツバスケット】いかがでしたでしょうか。
次回はゲームネタでいこうかな☆

お付き合いありがとうございました\(^o^)/