文学少女だったお母ちゃんの懐本ブログ

ハマった小説、漫画、ゲームについて楽しく語りたいと思います♪

23冊目 【ピュア】

f:id:mkmkun:20160908181157j:plain

今回は和久井映見主演で1996年に放送された、テレビドラマ【ピュア】です♪


同年に小説化もされ、さらには和久井映見演じる『折原優香』の作品集まで出版されました!


再放送で見て、速攻レンタルビデオ屋さんに??
しかし、すでに3話目だったせいか、全て貸し出し中…


でも負けません!
返却日を聞き出し、数日後の早朝6時に電話で確認。
取り置きをお願いして、ようやく最初から見ることが出来ました(o^-^o)


DVDの普及でレンタルビデオ屋さんからビデオが消えてしまい、名作も忘れ去られる運命に…
寂しいですねぇ( ;∀;)


と思ってたら、数年前にDVD化( ≧∀≦)ノ
自信を持って紹介出来ます?


この物語は芸術的な才能を持ちながらも知的障害を持つ主人公の『折原優香』と、フリー記者『沢渡徹』の、切ない恋物語


『優香』を守るため、母親や従兄弟がオブラートに包んでいた現実。
けれども、芸術大賞を受賞したことから変化が訪れます。


受賞式を見ていた『沢渡徹』との出会いによって、容赦のない現実を知ることに。
けれども彼女は、誰も教えてくれない『本当のこと』を教えてくれる彼に傾倒していきます。


周囲が不安を抱く中、『優香』と『徹さん』との関係はどうなっていくのでしょうか。


このドラマは今まで見た中で、一番愛しいドラマです!
もちろん、小説版も作品集もネットで購入♪
レンタルビデオ店からビデオが撤去されて、レンタル落ちのビデオテープも探して購入したくらいハマった(*/∀\*)


小説版は、一部『優香』のいとこ(数十年後)からの視点で、ドラマの『その後』も少しだけ描かれています。
ちょっとお得な気分ですね♪


もし、近所のレンタル屋さんで見かけたらぜひチェックしてみて下さいね!


次回も小説化されたテレビドラマを語りたいと思います!
お付き合いありがとうございました゚+(人・∀・*)+。♪