文学少女だったお母ちゃんの懐本ブログ

ハマった小説、漫画、ゲームについて楽しく語りたいと思います♪

27冊目 【ボクの夏休み】

f:id:mkmkun:20160913173035j:plain

今回は2000年にプレイステーションから発売された【ぼくのなつやすみ】です!
ジャンルとしてはアドベンチャーゲームですね?

夏が訪れるたびにこのゲームを思い出すなぁ(o^-^o)


『ボク』くんが夏休みの1ヶ月間親戚の家で自由に過ごす…それだけの作品なのだけど…


虫捕りに魚釣りに野山を駆け回ったり、その土地で知り合った友達とカブト相撲をやったり。

捕れる虫にはちゃんとサイズがあって、最大の証『?マーク』のコンプリートに躍起になったなぁ(笑)


BGMはなく、聞こえるのはセミなどの虫の声と、自分が歩く音。

昔の子供達なら一度は経験したであろう『田舎の夏』が見事に再現されていて、郷愁みたいなものも感じました。


一応、ストーリー的なものもあるにはあるのですが、『この日この場所でフラグを立てると、後日あの場所でイベントがある』という感じなので、強制的なイベントは数えるほど。

自分の過ごしたい『夏休み』を過ごせば良いのです♪


このゲームは子供だけでなく、むしろ大人のほうが楽しめるかもしれません。
昔懐かしい空気感は素晴らしいと思いますよ(^-^)


今回調べて知ったのですが、【ぼくのなつやすみ】はPSPからパワーアップしたリメイク版が出ていたり、続編(ぼくのなつやすみ4まで)も出てるみたいです!


気になった方はぜひチェックしてみて下さいね(*^ー゚)ノ


次回は新井素子先生の小説でいきます!

今回もお付き合いありがとうございました゚+(人・∀・*)+。♪