読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文学少女だったお母ちゃんの懐本ブログ

ハマった小説、漫画、ゲームについて楽しく語りたいと思います♪

28冊目 【絶句】

f:id:mkmkun:20160914183905j:plain

今回は新井素子先生の【絶句 上下】です🎵
早川書房より1983年に出版されました。
1984年には作者本人も登場、ラジオドラマにもなっているようですね~


タイトルだけじゃなんのこっちゃ分かりませんよね?
確か『絶句』するほど面白いとか、展開に絶句するところがタイトルの由来だとあとがきだったか、読んだ記憶があります。


新井先生テイスト満載のSFコメディなのですが、特筆すべきは主人公の名前が作者と同名『新井素子』という部分でしょうか。


SF作家志望の主人公『新井素子』が『絶句』というタイトルの小説を書いていて、なぜか突然小説のキャラクター達が実体化‼


SF小説のキャラクターなだけあって、まぁ、めちゃくちゃです。

負けないヒーロー『森村一郎』
マッドサイエンティスト『秋野信拓』
信拓の奥さんで究極の主婦『秋野こすもす』
女装エスパー『宮前拓』
恋心を操る『あもーる』

さらに彼女が以前に書いた他の小説から

チェシャ猫『ロージー』
素子に瓜二つと人猫『山神美弥』


書き出してみると主要キャラ多いな(笑)


主人公のまわりで彼らが巻き起こす笑撃の大騒動❗
そして『素子』の命を狙う新たな登場人物はいったい何物なのか⁉
ちょっと大げさかしら(笑)


この作品はほんと面白かったなぁ.゚+.(・∀・)゚+.゚
別れのシーンは凄く寂しかったけど…


今回調べて知ったのだけど、2010年に復刻版出てるんですね!
表紙が随分可愛らしくなっちゃって(ノ´∀`*)
書き下ろし番外編と新たなあとがきが収録されてるなんて豪華すぎるぞ~‼


新井先生のSFコメディは若い方もラノベ感覚で楽しめると思います!
ぜひチェックしてみて下さいね(*^ー゚)ノ


次回は少女漫画ネタで!

今回もお付き合いありがとうございました゚+(人・∀・*)+。♪